Synthesizer V(闇音レンリ)でカバーしてみた

自分で作った曲をSynthesizer Vの闇音レンリでカバーしてみました。

siro_c.mp3

origin(miku) : siro.mp3

結論

結論から言えば、Synthesizer Vのversionとdatabaseに入れる音声ライブラリが合っていなかったぽい。最新版では、動作しないので、こちらからアプリ(Editor)を含む一式をダウンロードする必要があります。多分。

https://synthesizerv.com/jp/download/

win : https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/synthesizerv-download/animen/synthv-renri.7z

linux : https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/synthesizerv-download/animen/synthv-renri.7z

midを読み込んだ際は、再生し、そこで音声ライブラリを指定すると動作します。これ以外の方法では何故か動作しなかった。よくわからない。

ハマったこと/問題

音声ライブラリ

以下のように音声ライブラリを独自にダウンロードして/databaseに置くやり方では動作しませんでした。あと、7zの圧縮はちょっとつらいかもしれない。

$ pwsh
$ scoop install 7zip
$ mkdir renri
$ mv ./20181104_synv_tp_renri(library).7z renri/
$ cd ./renri
$ 7z e ./20181104_synv_tp_renri(library).7z

BPM

伴奏とmidiで読み込んだボーカル(ノート)が合いません。BPMの問題かもしれませんが、どこで設定するのかわかりませんでした。UTAUなら読み込めば、合うのですけど(作成したソースが合ってるのだから本来的には合うはず)、こちらでは合わなかったし、合わせる方法がわかりませんでした。しかし、普通にBPMのところをクリックして調整すればできました。

linux

やはりファイルの読み込みとか日本語入力が現在のwm(i3)では難しいです。多分、xserverをubuntuが採用してるwmで起動すればいけそうですけど、面倒なのでやりませんでした。

小文字

例えば、「しょ」などの小文字を含む場合は、入力が2つのブロックにわかれてしまうため、歌詞コピーでは対応できませんでした。全範囲+歌詞入力後は、ブロックを確認してみるといいかもしれません。

「ふ」が「ひゅ」に聞こえる

上記の通り。調整が必要だけどやっていない。今回はそのままコピーしただけなので。

どうやら「ふ」は「fu」と入力することで、普通に発音してくれるらしいです。

音声が小さいのでffmpegで調整した

$ ffmpeg -i siro_c.wav -vol 1024 siro_c.mp3

伴奏とボーカルの合成出力ができない?

伴奏とボーカルを合成したものが出力できないのでしょうか。よくわかりませんでした。よって、ボーカルだけwavで出力したあと、audacityで合成。地味に辛い。

source : siro.txt, siro_b.wav, siro_v.mid