作曲にはSynthesizer Vのようなアプリを求めていた

app : https://synthesizerv.com/

library : https://renrivoice.wixsite.com/renri-voice/synthv

synthv-editor/database/renri

$ sudo pacman -S libcurl-gnutls
$ ./synthv-editor/synthesizer-v-editor 

個人的な話

私は、ボカロ曲ばかり聴いてたので、いつしか作曲してみたいと思い始め、初音ミクV3を購入した経緯があります。

最初は、Free Appで頑張ってみようと思って色々と調べてみました。例えば、FreeのUTAUでやってみたところ、音声ライブラリとかエディタとかが、あまり良くなかったので、有料版でやるのがベストだと当時は考えていました。

しかし、本音でいうと、できればFreeのアプリを使いたかったのです。理由としては、それまで作曲したことがなく、音符すらわからない人間が、いきなり高級なアプリを使うことに抵抗があったためです。これは今でもそう思っています。

それに、Free Appのほうが何かと柔軟性や対応性があるのです。今後のことも考えると、できればFreeのほうが良かった。有料版は、アクティベーションなど様々な制約があり、なにもお金だけの問題でもないのです。

さて、しかし、使いやすさとか、mac対応であることとか、音声ライブラリとかの問題で、私は、初音ミクV3と付属するStudio Oneを購入することになりました。

ですが、昨今、Synthesizer Vというものが登場し、今なら間違いなくこっちを使っていただろうなと思います。

linux

archlinuxのi3で起動してみたところ、fcitxでの入力ができないのと、tp-libraryを読み込んだ際にerrorが出る問題に遭遇しました。

多分、wmの問題だと思いますが、本来の動作環境としては、ubuntuが最適だと思います。

しかし、linuxに対応しているSynthesizer Vは相当に評価されます。

windowsなら間違いなく正常に動作すると思いますが、まだ試していません。