漫画描いた2

syui.gitlab.io/manga-kumo

前回の続きをちょっと描いてみました。

下書き状態。売り物でもないし、仕上げるのめんどくさいしということで、絵はかなり雑なんですけどね。

お気づきの方、いるかもしれませんが、私が今まで描いてみたイラストを物語化してみようということで、そこから話を適当に考えています。

とはいえ、本当に描きたいことを描いてるって感じで、特に制約とかもなく、割と自由に書いてます。

面白いかどうかは別にして、今の私にはこれが限界っぽいですね。

登場人物を限りなく少なくして、背景も限りなく少なくして、あとは自由にやってるって感じです。

キャラのバックグラウンドは一応あります。しかし、それを絵で表現しようとなると、かなり難しい感じです。

絵に関しては、全部、フィーリングです。(やばい、こいつ絵のこと全然わかってない!)

とりあえず感想だけでもメモしておくかってことで、今回の反省点やら色々と。

まず、雑に書いてから修正というのでは、私のやる気が持たないです。なので、本番のつもりで最初からきれいに書く、雑に書かないってことを気をつければよかったです。

次に、ポジティブな表現に気を使っていて、もっともっとポジティブな表現で満たしたかったのですが、その辺りですね。

最後に、文字ですね。手書きなので、読みにくいと思います。

しかし、Medibang Paintを使ってて、文字入力の際に、ファイアウォールがこのアプリ?の通信をブロックするみたいなので、入力できないんですよね。まあ、こういうことはたまにあるんですけど。

で、ファイヤウォールを切ったり、調整したりすればいいんですが、わざわざそういうことやりたくないなって。

となると、パソコンに保存してから文字を入れていくことになるんですけど、私はペンタブすら持っていないので、面倒だなって。

そもそも全部の作業をタブレットでやりたいし、そこで完結しないと、やっぱり面倒になって、やる気が維持されないって感じなので、心もとないタブレットのNexus7でなんとか作業を完結させたい。

ともあれ、文字くらいちゃんとしろってことですよね…がんばります。