phxでmail notifyを実装した

導入

今度は、少し機能多めのchatでもと思ってherokuにたててみました。login機能が付きます。

iconの取得はmailからgravatar.comを使ってるんじゃないですかね(知りませんが)。コード読めという話ですね。

さて、ではrepoのcloneからいきましょー。今回もexample chatみたいな感じのやつです。

$ git clone https://github.com/tony612/exchat

$ cd !$:t

$ cat ./elixir_buildpack.config
erlang_version=20.1
elixir_version=1.6.0
always_rebuild=true
config_vars_to_export=(DATABASE_URL JWT_SECRET)

$ cat ./Procfile
web: MIX_ENV=prod POOL_SIZE=2 mix ecto.migrate && mix phoenix.server

# npm i
# frontendは、react ,redux, jwt(login), bootstrapみたいな感じ。
$ heroku buildpacks:add --index 2 https://github.com/gjaldon/heroku-buildpack-phoenix-static.git -a $APP_NAME

heroku config:setには、DATABASE_URL, JWT_SECRET, SECRET_KEY_BASEを入れてください。というか、DATABASE_URL, PORTはpostgresを入れれば勝手に作成されると思う。JWTとKEYは、$ mix phx.gen.sercetになります。

notifyの実装

通知の手段は色々あるんですけど、mailが簡単そうなので、まずは簡単そうなものから。

mix.exs

applications: [:bamboo]

defp deps do
  [{:phoenix, "~> 1.3.3"},
   {:bamboo, "~> 1.0.0"},
   {:bamboo_smtp, "~> 1.5.0"}
  ]

config/prod.ex

config :exchat, Exchat.Mailer,
       adapter: Bamboo.SMTPAdapter,
       server: "smtp.gmail.com",
       port: 587,
       username: System.get_env("GMAIL"),
       password: System.get_env("GMAIL_APP_PASS"),
       tls: :if_available, # can be `:always` or `:never`
       ssl: false, # can be `true`
       retries: 1

これに関しては、mailgunとかを使うのが通常なんだけど、demoなのでgmailで。

lib/mailer.ex

defmodule Exchat.Mailer do
  use Bamboo.Mailer, otp_app: :exchat
end

lib/mail.ex

defmodule Exchat.Email do
  use Bamboo.Phoenix, view: Exchat.EmailView

  def hello_email(email) do
    new_email
    |> to(email)
    |> from("support@xxx.herokuapp.com")
    |> subject("login")
    |> text_body(".")
  end
end

userがloginしたらmailを送信するようにする。これによって、管理者は送信メールが出るので、それを通知すればいいかな。

web/controllers/api_auth.ex

  def login_by_email_pass(conn, email, pass, opts) do
    repo = Keyword.fetch!(opts, :repo)
    user = repo.get_by(User, email: email)

    cond do
      user && checkpw(pass, user.password_hash) ->
	Exchat.Email.hello_email(user.email) |> Exchat.Mailer.deliver_now
        {:ok, login(conn, user)}
      user ->
        {:error, :unauthorized, conn}
      true ->
        dummy_checkpw()
        {:error, :not_found, conn}
    end
  end

実際、loginしてみてmailをcheckしてみる。確認できたなら、コードを変更。

DMやmessageが来た時も通知したければこんな感じでやってくとよさそう。

というかメールの通知は色々とつらい。普通はやらないと思うので、ravenx/slackとか使うのがいいんでしょうか。

mailgun

一応、mailgunの書き方も掲載しておきます。

mailgun: 使用する上での注意点としては、freeの場合は、sandboxでしかapi/v3からmailの送信はできません。しかも、認証済みのmail addressにしか送れず、よって、lib/mail.exを書き換えて、to:verify-email, from:sandbox.domain, text_body:emailというようにしなければなりません。つまり、login userに送信(通知)するのではなく誰かがloginした時に管理者に通知する役割しか担えませんので注意です。freeでない場合はapiから普通に送れますので大丈夫ですが。

# In config/config.exs, or config.prod.exs, etc.
config :my_app, MyApp.Mailer,
  adapter: Bamboo.MailgunAdapter,
  api_key: "my_api_key",
  domain: "your.domain"

mailgun(MailgunAdapter)を使う場合のnew_emailの値はこちらを参考に。

$ curl -s --user 'api:YOUR_API_KEY' \
    https://api.mailgun.net/v3/YOUR_DOMAIN_NAME/messages \
    -F from='Excited User <mailgun@YOUR_DOMAIN_NAME>' \
    -F to=YOU@YOUR_DOMAIN_NAME \
    -F to=bar@example.com \
    -F subject='Hello' \
    -F text='Testing some Mailgun awesomeness!'