pokemon-sun

シリーズ比較

第二回目としてポケモンシリーズについて少しだけ思ったことを書いていきます。

ポケモンはシリーズを通して非常に一貫したシンプルな構成を採用していると思います。

その一つがトレーナーのグラフィックです。ポケモントレーナーのそれは現実の特徴を捉えてシンプルにまとまったデザインです。非常に素晴らしいし、色々参考になりそうです。これはポケモンシリーズ全般のデザインにも言えることで、ポケモン自体のデザインも動物などを参考にそれをポップに変換したものが多い。

サンをプレイしててちょっと残念だったのは、少しアニメによりすぎているなと感じたことで、具体的には目が大きくなりすぎているように感じました。ポケモンのデザインって何処か現実的なんですよね。そこが魅力だったわけですが、サンは少しファンタジーに寄りすぎている印象を受けました。

あとストーリーも少し子供向けすぎる印象を受けました。これは物語進行の自由度とも関係しますが、サンは複雑になりすぎていて少々おせっかいなように感じましたので、そろそろシリーズも引き算を考えていいのではないかなと。ポケモン(原作)は巨大になりすぎていて、常に最新作では足し算が行われています。それは例えばメガシンカだったり、オーラだったり、お手入れだったり。

反対にポケモンGoは傑作でした。非常にシンプルで上手に引き算がされている、そのような印象を受けたからです。

ポケモンがどのような方向性をとるのか知りませんが、原作は原作で新しいものを増やしていき、Goでは一旦リセットしてスタートから取り入れていくという方向性なのかもしれません。この場合、原作よりもGoのほうが支持されていくのではないでしょうか。それはそれで方向性としては悪くないと思います。

しかし、この場合、原作(最新)の評価としては、年々評価が下がっていってしまう事が考えられます。あくまで個人評価ですが。

世代を意識する必要性はありません。私はシンプルなものが好きで、原作(最新)ではそれが徐々に失われていく傾向にあるのではないかということがいいたいのです。

これは作品が継続するにあたって避けられないものなのかもしれませんが、私は今のところ原作よりもGoのほうが圧倒的にゲームとして好きですね。GPSを抜きにして純粋にゲームシステムとして考えてみた場合でも、原作は複雑になりすぎていると思います。

ただし、この限りでもなくて、アバターや服装を選択できるようになったのは非常に良いです。

私はシリーズでダイヤモンドがいちばん好きだったのですが、ダイヤモンドの主人公の服装(主に帽子)はダサすぎだと思っていました。