アニメ:ミュウツーの逆襲

この前、見た映画の感想です。と言っても前にも何度か見ているんですけどね。ちなみに、ミュウツーの逆襲というのはポケモンの映画です。

いい映画ですよ。

この映画、私にとってはテーマが明白です。よって、冒頭だけで十分理解します。私は、特に冒頭が好きですね。ここでいう冒頭というのはアイ2が出てくるところです。あと、EDも好きですね。

アイ2 「ありがとう、あなたの涙。でも泣かないで、あなたは生きてるの。生きているって、ね。きっと楽しい事なんだから」

ですが、ラストは意味がわからなかったです。いや、正確には意味はわかります。

しかし、ああいう超展開、私はあまり好きじゃないという意味です。

では、この映画のラストの意味というのは一体何でしょう。

あのラストは、冒頭のミュウツーの涙と掛けているんですよね。

アイ2 「生き物は、体が痛い時以外は涙を流さないって。悲しみで涙を流すのは、人間だけだって」

以上からもわかるように、この映画はアイ2の言葉によって全て集約されています。

ミュウツーは問い、アイ2は答えです。それがこの映画です。まあ、本質的にという意味で、最後にはミュウツーは答えを得ます。そんな構成。

ここで、ミュウツーが出した答えは「本物でも偽物でも生きていることに変わりはない」という感じでしょう。

これは冒頭でのアイ2「あなたは生きてるの。生きているって、ね。きっと楽しい事なんだから」というセリフにつながります。

さて、そんな物語ですが、ここからが私の感想です。

まずポケモン最初の映画でこのテーマを扱っているという驚きの事実です。これは、私にとってはという意味ですが、正直驚きました。

これはフィクションとして大げさに言いますが、これ書いた人に対し「お前は100年、1000年生きた魔法使いかなんかか?」と思いました。

この映画のテーマは私にとって非常に明白で、そして本質的でした。いや、私にとってだけではないと思いますが、個人的な感想としてこれを書きます。

ミュウツー 「我々は生まれた、生きている、生き続ける、この世界のどこかで」

上のセリフはミュウツーの最後のセリフです。

これは正しくもあり、間違いでもあります。

なぜでしょう。

なぜなら、生き続けることは無理だからです。ミュウツーにも寿命があるでしょう。どんなものにも始まりがあれば終わりがあります。

ですが、一方で正しくもあるのです。

生きることを存在することと言い換えれば、それは間違いではないからです。

「我々は存在している、存在し続ける、この世界のどこかで」

ここは存在の世界。悲しくても嬉しくても存在し続ける。ずっと。ずっと。

生死には他のもの全てに裏表がありますが、存在だけは裏表がありません。

いや、正確には生死にも他のもの全てにも裏表はありません。生と死も一つのものです。ただし、人間の認識でいうと裏表はあります。本物と偽物があります。

ですが、存在の世界には本物もなければ偽物もありません。存在が、あるだけです。

このような考えを持った私にとって、この映画のテーマはとても面白いのです。

続く。