手足口病に感染した話

727-8/7までの間、手足口病にかかっていたのでその時の話です。

まずはじめに両手に蕁麻疹が出ました。この時点で原因はよくわかならかった。

両手の蕁麻疹はかなりひどかったのですが、3日程度で治りました。

次に、口の中に口内炎ができました。いや、口内炎ぽいものといったほうが正確かもしれません。口の中が全体的に腫れて、唇まで腫れ上がったように見えました。これは唇の裏の口内炎が特にひどかったためです。この症状は1週間くらい続きました。

口内炎ぽいものが出来てから3日後くらいに、次は手のひらに水ぶくれのようなものが出てきました。この時点でやっと、この症状は手足口病でほぼ間違いないだろうとそう考えました。

この間も実は日課を続けていました。手足口病は感染する病気です。ただ、私は毎日2:30, 3:00くらいに起きて外を走ります。ということで人との接触はありませんでしたので、まあいいかなと。

1日目は体がだるくて、神社の階段を駆け上がる途中、止まりそうになりました。が、なんとかぎりぎり登りきった。帰り道の5km程度のランニングも結構きつかったです。控えめに言って死にかけました。

2日目以降は特に問題はありませんでした。が、症状が色々とひどかったので、精神的にきつかった。とは言え、最中はあまり深く考えてませんでした。後は気分的に最悪でしたが。

現在は完治。重症化も特に無かった。ちなみに、病院には行きませんでした。この病気は特効薬がなく、病院に行っても特に治療法はないので。

で、なぜ手足口病にかかったのかは全くの不明。これは酷い病気でした。

おわり。