春の過ごし方1

引き続きスピリチュアル系の話です。春は花粉症が酷いらしいですね。ちなみに、私は花粉症はありません。また、アトピーやアレルギーもありませんので、正直、その感覚はイマイチよく分かりませんが、しかし、春先とかは私自身「なんか花粉症ぽいな~」と思うことが稀にあったりします。例えば、鼻水が出たりだとかそんな感じで。まあ、これが花粉症かどうかはかなり怪しいし、単なる先入観かもしれないのですが。

話を続けます。そういった時、私はあるおまじないをすることがあります。今回はそのおまじないについて説明します。

おまじないとは、このような症状(花粉症ぽい)が出る時、私はビタミンB3を摂取するようにしています。

ビタミンB3、ここではナイアシンと呼びますが、ナイアシンを摂取してナイアシンフラッシュを起こします。そういえば、私がサプリ(特にビタミン系)を摂取するタイミングの話を書いたことがなかったので、いい機会なのでその一部を書いておきます。ここでナイアシンフラッシュと言うのは一体何なのかというと、ナイアシンフラッシュには体に溜まったヒスタミンと呼ばれるアレルゲン物質(アレルギーの元)を放出する作用があると言われています。まあ、あまり正確ではないので気になる方は検索とか本とかを当たってみてください。このナイアシンフラッシュの副作用としては接種直後の1時間くらい、皮膚がピリピリしたり、赤みが出たりすることがあります。そして、ナイアシンの摂取容量によって副作用の強さが異なります。

このナイアシンフラッシュを予め引き起こしておくことにより、私の場合、次の日からは症状が収まっていることがよくあります(そんな気がします)。例えば、鼻水だったりとか、目が痒かったりだとか、まあそんな感じで。

ただ、私はこういったビタミン剤を常用する(常に服用する)ことはありません。タイミングとしては、なんとなく調子が出ないなあという時に服用するだけですね。

常用しない理由としては、やはり肝機能障害などに繋がるおそれがあると考えているからで、過剰なエネルギー摂取は基本的に必要ないという考えで、それを処理する体にとっても負担であると考えます。なので、何も問題がなければ摂取する必要が無いというのが私の考え方。問題がある場合のみ、その問題を解決するために必要な限度で摂取するのが良いだろうと考えます。よって、健康のためにサプリを飲むということは基本しませんね。

ということで、これまた中二病的でファンタジーな内容になってしまいましたが、これで終わり。

注意 :

ナイアシンフラッシュはアレルギー体質が酷すぎる人は起こさないほうが良いかもしれませんので、ビタミンB3の過剰摂取はおすすめしません。副作用が長引く可能性が考えられます。