筋トレ1800回から600回に戻した

毎日やるには疲れてしまうし、疲れるの嫌だし今まで通りのメニューに戻した。

1800回は、たまにはやる程度でいいかと思ってる。気分的に。

で、この回数はどんな感じでやってるのかというと、いつも普通な感じでやってる。

浅くもなく、深くもなく、速くもないし、遅くもない感じなんだけど、つまりは自分にとって普通な感じでやってるというに過ぎない。で、客観的に見ると、ちょっとだけ深く、そしてちょっとだけ速い動作だと思われる。しかし、実際のところはどんな感じでやるのかは特に決めてないので、その日の気分によって変わってくる。

たまに深くやったり、浅くやったりもする。また、ゆっくりやったり、速くなったりすることもあろうだろうという感じなんだけど、いうなれば適当であり、その日の気分次第。

いつもは普通な感じでやるんだけど、たまに気分でやるという感じになってる。わかりにくいか。

内容は基本的なことしかやってない。腕立て、腹筋、スクワットを各200ずつ。

特に意味はないし、筋肉痛にすらならないので、効果もあまりないのだと思う。そもそも何かいいことがあるという期待すらしていない。

特にこだわりもなく、あえて言うなら毎日やると決めたことでしかない。

回数を増やしたのは、単に、休める日を作っておこうとしただけだった。

私は以前、筋トレは各100回(計300回)ずつやっていた。それがいつの間にか各200回(計600回)になった。

何故かと言うと、最初は休める日を作っておこうという取り組みだった。

最初に300回 -> 600回やったとき「やった、これで1日休めるぞ」と思った。なぜなら2日分の日課をこなしたからだ。

次の日もやった。これで2日休める。次の日も、その次の日もやった。

やがて、日課を1週間、1ヶ月、1年休めるぞーということになっていった。

そして、気がつくと、いつの間にかそれが日課になっていた。

結果、1日も休めなかった。

実は、これが筋トレの回数を増やした理由だし、私が何か回数を増やすときは大概こういう理由なんだけど、今回もそうなので、このことに関してはあまり罪悪感はなかったりする。

言うなれば数を増やしたことをブログに書いた事自体が罪悪感で、最低でも1年くらい続いてからじゃないと書くべきではなかった。

これについては非常にブレてしまったし、反省しなければならないなと思った。