心と体

心と体の関係性、つまり、これらに関連があるという考え方は、よくこう言われてしまいます。

「非科学的だ」、「科学的根拠がない」、「胡散臭い」などなど。

しかし、私はどちらかと言うと、心と体は密接な関連性があると考えています。非科学的だろうが、科学的根拠がなかろうが、そんなもん知りません。単に直感的にそう考えているというだけなのです。

もちろん、絶対的に関連があるとは思いません。が、関連があることも多いだろうとそんなふうに考えているのです。

例えばですが、もし体調面で問題があるなら、それは精神面で何らかの問題が起こっている可能性が高いと私は考えます。逆に、精神面で問題があるなら、何か体に異変や問題がないか考えます。

もちろん、これは絶対的に関連性があるというものではありません。あくまで可能性の問題です。例えば、強力なウィルス(感染症)に汚染された場合、それは心の問題では全くありません。まあ、この場合、後に心が汚染されていく可能性も捨てきれませんが。

そんな感じで、一見関係なさそうな視点から見てみると、原因を特定し、排除することに役立つ場合があるかもしれません。

そんな感じで終わり。