hubcommandでハマった話

hub commandでハマった話

まず、-Fと-mは-mが優先されるというところ。-Fをやるには-mを入れてはダメ。

# no
$ hub pull-request -F file.txt -m "$message" -b $bu:$br -h $au:$ar 
# ok
$ hub pull-request -F file.txt -b $marge:$branch -h $source:$branch

次に、~/.config/hubでハマった点です。

gitと言うのは基本的にメールアドレスでユーザーやアイコンを設定しています(特にGitホスティングサービス)。したがって、通常、アイコンを指定したい場合はメールを設定します。具体的には、.gitのある場所でgit config user.mailみたいなことをやります。

私は、hubは.git以下の設定ファイルを読んでいるのだろうと勝手にそう思っていたのですが、どうやら~/.config/hubを読むようです。

hubは最初にパスワード打ち込んだ時にOAuth Tokenを取得している模様で、https protocolで接続します。

urlを取得するにはexport BROWSER=echo;hub pull-request --browserです。