ルール(法則)がわからない、それが問題だ!

ルール(法則)がわからない、それが問題だ!

前回の話が割りと面白かったので(自分の中で)、もう少し続けることにします。

「キ」と「チ」の発音が苦手って話でした。これは前回の補足なのですが例えば、チキンちゃんって、あの帽子がニワトリのトサカみたいに赤いので、そう呼ばれてるのかなって自分の中ではそう思っていました。にも関わらず「キチン」ちゃんと間違えているわけですね。なので意味付け的に間違えてるわけじゃないのです。ニワトリ=鶏肉=キチン(チキン)、みたいな構図です、自分の中では。まあ、普段あまり意識もしてませんが。

続きになりますが、では「キ」と「チ」でどちらが苦手かというと、はっきりしません。

日によって「キ」が言えたり「チ」が言えたりします。

例えば、普通に地球って言える時と、反対に気球って言える時があって、気球と言おうとしているのに相手には地球に聞こえてしまったり。で、何度も聞き返されるのですよ、「地球?…地球??…地球!??」って。そんな時、私は「違うよ、地球だよって」言い返すことになります

(本当は気球と言いたいが、相手には地球に聞こえる)

これはそこはかとなく面白い話で、血が木になったり、気が血になったりします。

特に、超苦手な言葉が「キチガイ」や「基地」ですね。

例えば、これらは「キキがい」や「チチがい」、「キキ」や「チチ」になりかねません。