english

最近、英語で記事を書こうとしているのには訳があります。

それは、私の周りが英語でしか書かれてない情報ばかりになってきたからというのが大きいです。

例えば、以前紹介したことがあるdrupal, pantheonなどがそうですが、ほとんど日本では使われていません。しかし、海外では割と使われているぽいです。

もちろん、それ以外の分野でも、検索すると英語で書かれた記事しか見つからないことが増えてきました。

しかし、英文を読んで、単語を調べてる時間なんてないのです。

Google翻訳で内容を確認して、コードを把握して、コマンドを叩いて、という手順の繰り返しで、当時は英語を読む隙がないことがほとんどです。そもそもこういう時って、日本語すらほとんど読みませんからね。

したがって、その後、情報をまとめる時に英語を確認するようにすればよいのではと思いました。