gpg-key-gen

GitHubがGPGでの署名にバッジを付けるようにしたようです。

https://help.github.com/articles/signing-commits-using-gpg/

したがって、~/.gitconfigに設定してみます。鍵は基本的にデフォルトでOKです。長ければ長いだけGitHubの処理能力を奪いますので、特にこだわりがなければデフォルトで。

$ brew install gpg2
$ alias gpg=gpg2
$ gpg --gen-key
$ gpg --list-keys

ここで、pub foo/XXX 20160101XXXの部分がIDになります。

gpg --armor --export $ID | pbcopy

コピーした公開鍵をGitHubのSSH, GPGのところで設定します。

https://github.com/settings/keys

あとはGitの設定です。

$ git config --global gpg.program gpg2
$ git config --global user.signingkey $ID
$ git config --global commit.gpgsign true